古墳豆知識じゃ! 古墳豆知識じゃ!
雲 雲

古墳豆知識じゃ

古墳豆知識

古墳豆知識じゃ_箭田大塚古墳
古墳豆知識じゃ_箭田大塚古墳
箭田大塚古墳

住所:岡山県倉敷市真備町箭田

築造時期

6世紀後半

大きさ

古墳は直径約50m
西側に長さ5m程度の張り出しあり

形状

円墳

副葬品

単鳳環頭大刀柄頭、ガラス小玉、めのう製勾玉など

特徴

長大な横穴式石室を有することで知られており、牟佐大塚古墳・こうもり塚古墳とともに、岡山県三大巨石墳の一つに数えられる。石室全長は19.1mを測り、棺を納める玄室の長さは8.4m、高さ3.8m、幅3.0mで、天井は4枚、奥壁は1枚の巨石でそれぞれ構築されている。
武器や馬具、玉類などの副葬品が多数発見されており、それらの多くは現在吉備寺と東京国立博物館に所蔵されている。被葬人としては、吉備津彦命の弟の子孫とされる下道氏の墓と考えられている。